登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「現時点ではシティーよりも上の順位にいて、勝利か引き分けでも順位をキープ出来る。反対に相手は絶対に勝利が必要な立場にいる。だが、このクラブの姿勢通り、われわれは必ず勝利を目指す」

― アレックス・ファーガソン監督
26/04/2012  Report by Adam Marshall & Nick Coppack
ページ 1 / 2 次へ » 

ダービーで狙うは勝利のみ

アレックス・ファーガソン監督は、 30 日(月)のダービーでは勝利を狙うと断言。仮に引き分けても優勝に大きく近づくものの、監督は攻めの姿勢を貫くとしている。

前節エヴァートン戦では4-2と勝利をほぼ手中に収めたところから4-4の同点に追いつかれ、シティーとの勝ち点差は3に減少。
監督はオールド・トラッフォードに詰めかけたファンをがっかりさせてしまったとし、今節の決戦では優勝争いを何度も経験しているベテラン選手を中心としたチームに修正を求めている。

「試合日程を見た瞬間から、今節のシティー戦が鍵になると悟った。絶対に避けられない運命があることをチーム全体が理解していた。全ては今節にかかっている。最高の環境が整うだろう」と監督。

「前節では失点が多かったが、今回は同じような失敗はしない。われわれはどうやら自分で自分の首を絞める傾向があるようだ。ドラマティックな展開を自らに科しているような感じだ。ここ数年は同じような傾向にいるが、月曜日(30日)はきっちりと勝ちたい」

シティーのロベルト・マンチーニ監督は、既に優勝はユナイテッド、或いは自分達よりも経験豊富なユナイテッドが優勝する可能性が高いと弱気なコメントに終始しているが、監督は敵将の言葉に左右されないと明言。

「ロベルトは選手にプレッシャーを与えないよう配慮しているんだろう。しかし、彼が何を言おうと、われわれのプレーに影響はない。われわれは自分達が置かれている状況を理解している」

「現時点ではシティーよりも上の順位にいて、勝利か引き分けでも順位をキープ出来る。反対に相手は絶対に勝利が必要な立場にいる。だが、このクラブの姿勢通り、われわれは必ず勝利を目指す」

ページ 1 / 2 次へ »