登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「シティーとの勝ち点差が8の時と目標は変わっていない。残り試合全てに勝ちたいし、それはシーズン終了まで決して変わらない」

― リオ・ファーディナンド
15/04/2012  Report by Mark Froggatt
ページ 1 / 2 次へ » 

リオ「残り試合全て勝つ」

4-0 で勝利したアストン・ヴィラ戦後、リオ・ファーディナンドは残り試合全てに勝ちたいと意気込みを語った。

ベテランCBは、チームがシティーの圧力による影響を受けることはないと指摘。
バークレイズ・プレミアリーグ優勝争いを戦う2チームの勝ち点差は再びに5となった。

「正直に言って、周囲からのプレッシャーよりもチーム内のプレッシャーの方が強く感じる。チーム全体、ボス、それにファンからも勝利を義務付けられているから。まずは自分達で結果を残すこと。チーム外からの圧力は特に感じていない」

「シティーとの勝ち点差が8の時と目標は変わっていない。残り試合全てに勝ちたいし、それはシーズン終了まで決して変わらない」

「思うに、水曜日のウィガン戦の結果は、起こるべくして起こった。相手は非常に良いプレーをしていたし、俺達は本来のプレーが出来なかった。だからこそホームでは良いパフォーマンスを見せて勝つことが最低条件だった。実行出来て良かったよ」

「開始早々に先制点を挙げられるのは良いこと。そうすれば落ち着いて、流れるようなプレーが出来るようになるから。今日はワンタッチの攻撃も多くて、後ろからも安心して見ていられた」

「ゴールは必要だったし、首位に立っている以上は他チームに差を見せつけないと。今シーズンは中々そういう機会も無かったけれど、今日は十分なだけのゴールを決められたと思う」

今節勝利したことにより、30日に行われるマンチェスターダービーで優勝が決まる可能性が浮上。ユナイテッドファンにとっては最高のシチュエーションとなったが、ファーディナンドは冷静さを失っていない。

ページ 1 / 2 次へ »