登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

05/04/2012  Report by A Bostock, N Coppack
ページ 1 / 2 次へ » 

ギグスがスパーキーとの対戦に期待

ライアン・ギグスは、元チームメートであり、ユナイテッドレジェンドのマーク・ヒューズが監督を務める QPR との対戦が、ユナイテッドにとって厳しい試練になるだろうと予想している。

過去ブラックバーン、シティー、フルアムの監督を務めたスパーキー(ヒューズの愛称)は、4チーム目となるQPRを率いてオールド・トラッフォードに乗り込んでくる。アウェーチームの何選手かにとっては初めての体験かもしれないが、ギグスはヒューズが自らの経験と知識を選手達に教え込み、ユナイテッドにとって強敵になると考えているという。

「マークはこれまでも複数のチームで監督を務めてきたし、新人の監督ではない。オールド・トラッフォードで試合をするのに慣れている他チームと同様に、私らと対等に戦えるだけの準備を講じてくるはずだ。きっと難しい試合になる」とギグスはManUtd.comの取材に答えた。

ユナイテッドは、ウルヴズ(ウォルヴァーハンプトン)とブラックバーンに続き、残留争いをしているチームと対戦することになる。ギグスは同じウェールズ出身の監督の性格を熟知し、就任以降チームで残した実績を挙げ、残留争い中のチームの中で最も危険な相手になると予想している。

「彼はファイター。それに周りには良いスタッフが揃っている。1月のトランスファーウィンドーが締め切られる前に優秀な選手を獲得したようだし、チームのレベルも高い。非常に統率の取れた、ハードワークを厭わないチームになって向かってくるだろうね」

ページ 1 / 2 次へ »