登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

09/04/2012 
ページ 1 / 2 次へ » 

監督「運が味方した」

PK を確実に決め試合に勝利し 20 回目のタイトル獲得へまた一歩近づいたユナイテッドだが、 QPR がファールを取られ、 PK を獲得出来たのはラッキーだったとアレックス・ファーガソン監督は認めた。

試合開始14分に、ショーン・デリーはペナルティーエリア内でアシュリー・ヤングを引き倒し一発退場となった。しかしリプレイを見るとウェイン・ルーニーがスルーパスを送った瞬間、ヤングは明らかにオフサイドのポジションにいた。

「アシュリーは1ヤード(約90センチ)程オフサイドだった。マーク・ヒューズが怒りを露わにし失望したのも理解できる。よくあることさ」と、ファーガソン監督は MUTV の取材に答えた。

「デリーはヤングを引っ張っただけだ。たいしたことじゃなかったがPKの判定には十分だった。そして彼(デリー)は運悪く最後のDFだった為に退場となってしまったんだ」

「デリーの退場で優位になったとは全く思えなかった。スピードとチームの動きに関してはそれ以前のほうがずっと良かったし自信があった」

「スコールズが追加点を決めたことで皆落ち着きを取り戻した。それまでは決定的チャンスを逃し続けていたからね。ウェルベックのゴールにはオフサイドの判定だったし、ボールはバーやポストに弾かれたり枠を捉えきれずゴールが決まらなかった」

ページ 1 / 2 次へ »