登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/09/2011  Report by Nick Coppack
ページ 1 / 2 次へ » 

ストーク戦にリオは不可欠

24 日(土)にアウェーでのストーク戦を迎えるユナイテッドにとって、リオ・ファーディナンドの経験が絶対的に必要になると、アレックス・ファーガソン監督が語った。

今シーズンはリーグ戦5試合で2試合のみの先発出場となっているファーディナンドは、先週末のチェルシー戦(3-1で勝利)をふくらはぎの負傷で欠場。しかしポッターズ(ストークの愛称)のホーム、ブリタニアスタジアムではベテランの経験を外すわけにはいかないだろう。

リーグ随一ともされるファンの声援、そして激しいフィジカル戦を仕掛けてくるトニー・プリス監督率いる集団との相性は良く、ユナイテッドは2008年にストークがリーグ復帰を果たしてからアウェーで無敗を継続している。しかし、全ての試合が非常に厳しいものだったことに変わりはない。

MUTVのインタビューに答えたファーガソン監督は「土曜日にリオが間に合うことを期待している。ストークとのアウェーゲームではベテランの経験が必要になるからね」とコメント。

また、「ボルトン戦でも同じ様にチームに経験と落ち着きを与えてくれた。コンディションを試合に合わせてくれると良いんだが」と続けた。

チェルシー戦で鼠蹊部(そけいぶ)を痛めたクリス・スモーリング(DF)については、監督も欠場が濃厚であると明かした。

ページ 1 / 2 次へ »