登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

15/09/2011  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 2 次へ » 

ギグス「引退の予定はない」

日曜日にオールド・トラッフォードて対戦するチェルシーのアンドレ・ヴィラス・ボラス監督は、現在 37 歳のライアン・ギグスよりだいぶ若い。それでもギグスは引退するつもりはないようだ。

14日(水)のベンフィカ戦では、強烈なシュートで同点ゴールを決めたユナイテッドのMFギグスは、週末に行われるチェルシーとの対戦が待ちきれない様子だ。

「確かに自分より若い監督がいるのは少し妙な感じがするけど、ヴィラス・ボアスはポルトで素晴らしい成績を残しているし、ペップ・グアルディオラもまだ40歳だ。若くして監督に就任する傾向が出てきているのかもね」とギグスはMUTVの取材に語ってくれた。

ユナイテッドでの若い選手の活躍もファーストチームでのレコードを延ばすギグスの刺激となっているようだ。

「毎シーズンの挑戦が楽しいだけなんだ」とギグスは強く語った。
「若い選手がいると練習でも刺激になるし、ハードなトレーニングの励みにもなる」

「もちろん監督や他のチームメイトの期待を裏切らないように自分のクオリティーを維持するべきだし、これからもチームに貢献していけるように努力するつもりだ」

「今までもそうだったけど、特にターゲットは決めていないんだ。結果を出せればもちろん素晴らしいことだけど、勝利の為に努力して楽しむだけ。毎週、毎シーズンが僕にとってのボーナスだ」

「2、3年前に引退を考えていたんだけど、今だにキャリアを楽しんでいるよ。楽しめなくなったり、チームに貢献出来ていないと感じたときが引退する時だ」

ギグスは、キャリアを終えた後の事についてはまだ特に考えていないという。

「みんな引退後の準備なんてしていないと思うよ。トレーニングや試合じゃなくて、トレーニングに行って皆と冗談を言えなくなったり、チームの雰囲気から離れるのが寂しいんだ」

「オールド・トラッフォードでのビックゲームの時のスリル、勝ったときの興奮がなくなるのは寂しいだろうね」

更にギグスは引退後の事についてこう続けた。
「TVのコメンテーターや監督だったり、その他のビジネスにしても、それに向けて準備する努力はしないといけない。だけど今はプレーすることに集中しているし、特にシーズンが始まったばかりの今は他の事を考えるのは難しいよ。引退を考え始めたときに、もう少し準備する努力ができるかもね」

【関連記事】
ギグス「シティーは今後が試練」

ページ 1 / 2 次へ »