登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「私はメンバーチェンジを好むが、それは勝つためだ。そうでなければメンバーを変える必要はない」

― アレックス・ファーガソン監督
26/09/2011  Report by Adam Marshall

監督がバーゼル戦の選手変更を検討

アレックス・ファーガソン監督は、 27 日(火)のバーゼル戦(チャンピオンズリーグ)出場メンバーの交代を示唆。決してバーゼルの実力を軽視しているわけではないと強調した上で、複数の選手のコンディション維持、そして向上の為、出場時間を与えると話した。

「バーゼル戦ではメンバーを数人変更するだろう。チーム全員に出場時間を与える必要があるからね」

「ベンフィカ戦ではポジティブな結果が得られた」とする監督だが、その一方で勝つためのメンバーチェンジを辞さないとも続けた。

「バーゼルは非常に良いチーム。監督のトルステン・フィンクは1999年の決勝でバイエルンの途中出場選手としてピッチに立った。以前UEFAの会議で会って話をしたが、非常に良い働きだった」

「グループステージでは勝ち点10以上で勝ち上がれるが、われわれはグループステージをトップで通過したい。今後3試合に勝てれば、チームの状態も向上する。これまで何年もそうしてきたようにね。確かにリスクは伴う決断でもある。前にフェネルバフチェ戦でフレッシュな面子を出場させたが、その時は0-3で敗れた。私はメンバーチェンジを好むが、それは勝つためだ。そうでなければメンバーを変える必要はない」

【関連記事】
ルーニー軽傷も次節は欠場濃厚