登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

05/09/2011  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 2 次へ » 

監督が代表選手のけがを懸念

アレックス・ファーガソン監督はユナイテッドに所属する5人のイングランド代表選手について、現在行われているユーロの予選で負傷するような事はないか心配しているようだ。

ルーニーは3-0で勝利した金曜日のブルガリア戦でつま先を軽く負傷したが、6日(火)にウェンブリーで行われるウェールズ戦、そして週末のユナイテッド対ボルトン戦には通常通りトップフォームでの出場が期待されている。

しかしファーガソン監督は代表戦のスケジュールが火曜日に変わったことで、クラブチームは週末の試合に向けて、今までより準備時間に1日余裕ができる事を喜んでいる。

「代表戦で起こることについて、私がどうにかできることではないからね」ファーガソン監督はMUTVの取材に語ってくれた。

「去年まではポール(スコールズ)、ガリー(ネヴィル)、ライアン(ギグス)、そしてエドウィン(ファン・デル・サール)のように、代表チームを引退した選手が多くいたから、週末の試合の心配はそんなに必要なかった。だけど今シーズンは選手も入れ替わり、代表チームの選手が多くいる」

「選手達がけがをせずに戻ってくることを祈るしかないよ」

「代表戦が火曜日になり、週末の試合に向けての準備期間が少しでも長くなったことがせめてもの救いだ」

ページ 1 / 2 次へ »