登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

25/10/2011  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 2 次へ » 

監督にとっての悩みの種は選手選び

カーリングカップ 4 回戦となったアルダーショット戦を 3-0 で快勝したユナイテッドだが、選手達の好パフォーマンスを見せられたアレックス・ファーガソン監督にとっては、 29 日(土)のエヴァートン戦(アウェー)のメンバー選びが更に難しくなったかもしれない。

先制点を記録したディミタール、ベルバトフ、2点目を挙げたマイケル・オーウェンをはじめ、しばらくぶりに復帰したトム・クレヴァリー、ネマニャ・ヴィディッチらはEBBスタジアムで躍動。監督も思わず「本当にメンバーを選ぶのは難しい。これだけ多くの素晴らしい選手がいるわけだから」とコメントし、この一戦を振り返った。

「日曜日の試合(シティー)のメンバーと比較すればわかることだが、今日はフレッシュな11人を選択した。つまり、それだけでチームの選手層の厚さがわかると思う」

「マイケル・オーウェンは出場すれば必ずと言って良いほどに得点を決める。彼のプロフェッショナリズムは決して無視出来ない。ベルバトフも素晴らしい活躍でゴールまで記録した」

「アントニオ・バレンシアも、トム・クレヴァリーも含め、皆とにかく良いプレーをしていた。特にクレヴァリーはボルトン戦以来だと言うのに動きが軽快そのもの。ヴィディッチもフル出場したし、今の彼には長い出場時間が必要だと思っていたから良かった。チームにとっては重要な選手だからね」

ページ 1 / 2 次へ »