登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

29/10/2011  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 2 次へ » 

選手評価:エヴァートン戦

ダビド・デ・ヘア
開始早々にレオン・オズマンのシュートをセーブ。本来であれば目立つべきポジションではないが、ジャック・ロドウェルのシュートを阻止する等の活躍が光った。

フィル・ジョーンズ
前線にプレッシャーをかけ続け、前半には惜しい上がりを見せた。後半は守備に徹していた。

ネマニャ・ヴィディッチ
必要に応じて長身を生かしたクリアでピンチを未然に防いだ。オズマンとの空中戦ではホームのファンからブーイングを受けた。

ジョニー・エヴァンス
ミスも見られたが、前節で一発退場を受けたことを考えれば及第点があげられる。

パトリス・エヴラ
開始早々にシーマス・コールマンに抜かれるも、ハビエル・エルナンデスの先制点を精確なクロスでアシストしてみせた。

パク・チソン
前半惜しいシュートがみられ、後半には抱負な運動量と果敢なタックル、そしてインターセプトでチームの勝利に貢献した。

トム・クレヴァリー
試合テンポの出来るだけ速くしようとコントロールする姿勢が見られたが、後半序盤に足首を負傷した模様。今後が心配される。

ダレン・フレッチャー
マルアーヌ・フェライーニを倒しFKを与え、危なくレイトン・ベインズのシュートが直接ネットに吸い込まれる寸前に。しかしフル出場を果たし、守備でも活躍した。

ダニー・ウェルベック
パクと好連携を披露し、左ウィングのポジションも無難にこなす。後半に放ったシュートはハワードに止められた。

ウェイン・ルーニー
中盤まで下がりDFに徹する時間が多く、好守に渡りチームを支えた。若手ロス・バークリーに有利なポジションを与えず、貫禄を見せた。終盤には足を痙攣させたが、それは豊富な運動量の証だ。

ハビエル・エルナンデス
前半3度もオフサイドを取られたが、決めるべき時にゴールを記録。交代前にはウェルベックへクロスを上げる珍しいシーンも見られた。

交代出場

ナーニ (57 分にクレヴァリーと交代 )
決定機は作れなかったが、試合終了まで時間を潰す役割を無難にこなす。

ページ 1 / 2 次へ »