登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「これまで素晴らしい選手、監督と一緒にプレーしてきたし、世界最高のチームでやってくることが出来た」

― ライアン・ギグス
11/10/2011  Report by Adam Bostock
ページ 1 / 2 次へ » 

ギグスがゴールデンフット賞受賞

29 歳以上の最優秀選手を決める 2011 年のゴールデンフット賞を、ライアン・ギグスが受賞した。

モナコ公国のアルベール2世王子から受賞を記念するトロフィーを手渡されると、ギグスは「偉大な監督の下でプレーできたことは幸運」とアレックス・ファーガソン監督への感謝を述べた。

「監督は厳しいがフェアでもある。多くのことを選手に要求する代わり、自分への要求も厳しい人」

「彼は世界最高の監督であり、私のキャリアを通じて監督の下でプレー出来たことは自分にとっても良いことだと思っている」

今年のゴールデンフット賞を決めるファン投票には、過去最高の票数がウェブサイトに投稿された。受賞したギグスは歴代の受賞者と同様に、海岸通りにある通称“チャンピオンズ・プロムナード”に自身の足型を残すことになる。

「偉大な選手の足型の隣に自分のものを残せるなんて、これ以上の特権はない」とギグスは喜びを形容。
「これまで素晴らしい選手、監督と一緒にプレーしてきたし、世界最高のチームでやってくることが出来た。まだ現役を続けているわけで、今は引退した後のことは考えられない。ただ、仮に明日引退することになったとしても、自分は最高のフットボール人生を味わったと言えるだろうね。誰かのキャリアを羨むこともない」と続けた。

今年のゴールデンフット賞候補者は、ギグスの他にデイヴィッド・ベッカム、ジャンルイージ・ブッフォン(ユヴェントス)、ディディエ・ドログバ(チェルシー)、サミュエル・エトー(アンジ)、イケル・カシージャス(レアル・マドリー)、ハビエル・サネッティ(インテル)、カルラス・プジョル(バルセロナ)、ラウール・ゴンサレス(シャルケ)、チャビ(バルセロナ)。

ギグスは今回の受賞まで過去に5度ノミネートされた。

ページ 1 / 2 次へ »