登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

ハビエル・エルナンデス
出場試合数:33
得点数:24

ルート・ファン・ニステルローイ
出場試合数:200
得点数:150
31/10/2011  Report by A Marshall & N Coppack

チチャリート「ゴールはゴール」

ユナイテッドの得点源として活躍しているハビエル・エルナンデスは、シュートの内容にはこだわらず、チームに得点が入るという結果を重要視している。

まだボックス外からのシュートで得点を記録していないチチャリート(エルナンデスの愛称)は、過去ユナイテッドに在籍した選手の中でも特にエリア内で巧妙に立ち回った、ルート・ファン・ニステルローイと比較されることが多々ある。

このオランダ人ストライカーでさえ、ペナルティエリア外から得点を記録するまで138試合を要した。
エルナンデスもチバスに所属していた当時は豪快なシュートシーンが見られただろうが、ユナイテッド移籍後に記録した24ゴールは、いずれもボックス内からのシュート。

だが、そんなことは気にしていないというエルナンデスは、先週末のエヴァートン戦でも、パトリス・エヴラのクロスに左足を軽く合わせ、チームを勝利へと導くゴールを奪ってみせた。

Inside Unitedのインタビューを受けたエルナンデスは、ロングシュートを決められるかという質問に対し、次のように返答した。

「どうだろうね。僕がロングシュートを打たないのは、監督の指示でもあるんだ」

「僕の仕事は前線に張って、高い位置でプレーすること。個人的には、どんな形のゴールであっても気にはならない。それが1mの距離からでも、もしくはハーフウェーラインからのゴールであっても、同じ1点だからね。ゴールはゴールということさ」

【関連記事】
チチャが5年契約にサイン