登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

監督就任から25周年を迎えるアレックス・ファーガソン監督の偉業を記念し、オールド・トラッフォード北側のスタンドを”サー・アレックス・スタンド”と命名。また、ファーガソン監督の彫像を製作することも合わせて正式に発表された。

05/11/2011  Report by Adam Bostock

サー・アレックス・スタンド誕生

監督就任から 25 周年を迎えるアレックス・ファーガソン監督の偉業を記念し、ユナイテッドは 5 日(土)のサンダーランド戦キックオフ前に、オールド・トラッフォード北側のスタンドを、 サー・アレックス・スタンド と命名したことを発表した。

101年という歴史を誇るユナイテッド史上、個人の名前がスタンドに付けられたのは初のこと。またチームは、彫刻家のフィリップ・ジャクソンにより、ファーガソン監督の彫像を製作することも合わせて正式に発表。完成は2012年夏頃になるとみられ、サー・アレックス・ファーガソン・スタンドのエントランスに飾られるという。

ユナイテッドCEOのデイヴィッド・ギルは、監督の式典に関して文書で次のようにコメントした。

「われわれのような歴史あるチームにおいて、これだけ長く監督を務められるというのは偉業でしかない。アレックス・ファーガソン監督は、イングランドのフットボール史上、誰よりも成功を収めた監督に登り詰め、世界からも認められる指導者となった」

「監督がチームに与えた影響は強大で、この巨大なホームスタジアムは、彼の能力とチームにもたらしてくれた成功の証でもある。チームの首脳陣も、サー・マット・バスビー、そして伝説トリオ(サー・ボビー・チャールトン、ジョージ・ベスト、デニス・ロー)像と同様に、ファーガソン監督の彫像を飾ることは適切と判断している。この四半世紀に渡り監督がチームに与えてくれた成功については、チームオーナー、上層部、スタッフ、選手、そしてユナイテッドファン全員から賛辞を送りたい」

試合前にスピーチを行った監督は、世界一のクラブで指揮を執れることを誇りに思い、イングランドのフットボール史上に残る数々の選手達を起用出来て光栄に思うと語った。

【関連記事】
ベッカムから監督への感謝の意