登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「過去にも2度ウェンブリーでの決勝を若手中心のメンバーで優勝している。勝者のメンタリティーや経験を積ませる上でも、このカップ戦は本当に重要。若手の成長具合も確認出来るからね」

― アレックス・ファーガソン監督
28/11/2011  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 2 次へ » 

監督がパレス戦先発について言及

アレックス・ファーガソン監督は、 30 日(水)のクリスタル・パレス戦の先発メンバーについて、これまでと同様に若手を中心とすることを示唆した。

リーズ、そしてアルダーショット戦同様に若い選手に経験を積ませることを重要視している監督は、ポール・ポグバ、そしてラヴェル・モリソンの先発起用も有り得ると語った。

「メンバーはガラリと変える。先週のベンフィカ戦のベンチにはモリソンを加えていた。彼は非常に才能溢れる選手だからね。今週もメンバーに加える可能性もある。他にもマメ・ビラム・ディウフや、若手に出場機会を与えるつもりだ」

「エゼキエル・フライヤーズ、ダ・シウヴァ兄弟(ファビオ、ラファエウ)も出場するかもしれないし、クリス・スモーリングもパレス(クリスタル・パレス)戦に出場させるかもしれない。最大の問題はセントラルMFだが、選手は多いし、当日までじっくりと考えて決める」

「カーリングカップのレベルは確実に高くなっていると思う。こういうカップ戦では、若手や、しばらく出場していない選手にチャンスを与えられるからね」

「過去にも2度ウェンブリーでの決勝を若手中心のメンバーで優勝している。勝者のメンタリティーや経験を積ませる上でも、このカップ戦は本当に重要。若手の成長具合も確認出来るからね」

「昨年のユースメンバーの大半が、今シーズンはファーストチームで経験を積んでいる。カーリングカップ、もしくはチャンピオンズリーグのメンバーに含めている」

ページ 1 / 2 次へ »