登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

26/11/2011  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 2 次へ » 

監督「これで引き分けなんて滑稽」

勝っていても不思議ではなかったニューカッスル戦後、アレックス・ファーガソン監督は運の無さを嘆いた。

ハビエル・エルナンデスの先制点で1-0とした後、リオ・ファーディナンドのエリア内タックルをPKと判定され1-1とされた。そこから怒涛のシュートラッシュとしたものの、決勝点を決めることは出来なかった。

「チームのパフォーマンスは本当にファンタスティックだった。アラン・パーデュー監督は、前半こそ自分達のペースだったと言っていたようだが、彼がどの試合について語っているかは検討がつかない。後半の攻撃は凄まじいものだったし、これで勝ち点3が取れないのでは、滑稽という以外にない」

「本来であれば3、4点は取っていても良かったが、相手GKの素晴らしいセーブに阻まれた」

監督は主審のマイク・ジョーンズがファーディナンドのタックルに対して見せた判定に納得がいかないとし、一気にまくしたてた。

「誰の目からみても、フェアなファールだ。主審はアシスタントレフェリーの意見に押し切られてPKとした」

「サンダーランド戦でも、ネマニャ・ヴィディッチのハンドを取って相手にPKを与えるかどうか判断が難しい状況があった」

ページ 1 / 2 次へ »