登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

23/11/2011  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 2 次へ » 

厳しい現実にも冷静なフレッチャー

ダレン・フレッチャーは、ホームでのベンフィカ戦を 2-2 の引き分けとしながらも、まだノックアウトアウトステージ進出の可能性が残されていることに希望を見出している。

得失点差で上回り、最終節では勝利が固いオツェルル・ガラツィ戦を控えているベンフィカだけに、グループCを首位で通過するのは厳しい状況ではあるものの、仮にノックアウトステージでバルセロナ、レアル・マドリー等強豪と対戦することになったとしても、フレッチャーはパニックにならないと話した。

「首位通過は厳しいけれど、今後は自分達次第。まずはバーゼル戦に勝たないと」

「点の取られ方が今日は良くなかった。ただ、試合では起こり得ること」

「フィル・ジョーンズには落ち度は無い。リオ・ファーディナンドも良いポジションで守っていたのに、相手(パブロ・アイマール)の前にボールが落ちてしまった。悔しいけれど、チームはチャンスを何度も作ったし、良いプレーが出来ていた」

「首位通過は運が味方してくれないと難しい。おそらくベンフィカはガラツィに勝つだろうから。ただ、まずチームがバーゼルに勝って次のステージに進出しないと。それが重要。もし強豪と対戦することになっても構わない。難しいチャレンジはチームにとっても歓迎さ」

ページ 1 / 2 次へ »