登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「今日だって勝って、シティーとの勝ち点差を2に縮めたかったから、フラストレーションが溜まっているよ。ただ、シーズンは短距離走ではなくて、長いマラソンのようなものだから」

― パトリス・エヴラ
26/11/2011  Report by Adam Marshall

エヴラ、ドローにも渋々納得

パトリス・エヴラは、 1-1 の引き分けに終わったニューカッスル戦後、この結果を前向きに捉えるとコメント。

デンバ・バのPKにより同点に追いつかれてしまったユナイテッドだが、エヴラはシーズン開幕時期と同程度にオフェンスのレベルが戻ってきたことを実感。このままの状態を維持出来れば、来年5月には昨シーズン同様に優勝トロフィーを抱えていられるだろうと話した。

「勝てなくてフラストレーションが溜まっているよ」とMUTVの取材に答えたエヴラは、「ただ、監督も話していたように、チームは今日のような形を長い間作れていなかった。今日はチャンスも多く作れていたからね。優勝するには、もっと得点を取れるようにしないと」と続けた。

「シティー戦で6点を取られた後で、守備を見直すことを決めた。昔のユナイテッドのスタイルに戻ったような感じだ」

「今日だって勝って、シティーとの勝ち点差を2に縮めたかったから、フラストレーションが溜まっているよ。ただ、シーズンは短距離走ではなくて、長いマラソンのようなものだから」

「まだまだ先は長いけれど、今日のようなプレーが出来ていれば、連覇する自信はあるよ」

【関連記事】
ユナイテッド 1-1 ニューカッスル