登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

01/12/2011  Report by Mark Froggatt

急逝したスピードに黙祷

11 30 日(水)にオールド・トラッフォードで行われたユナイテッド対クリスタル・パレスの試合前、先日 42 歳の若さで急逝したガリー・スピード氏に対し、両チームの選手全員が黙祷を捧げた。

シアター・オブ・ドリームス(オールド・トラッフォードの別称)に集まった選手、ファン、関係者は、現役時代リーズ、エヴァートン、ニューカッスル、ボルトンでプレーしたスピード氏の冥福を祈った。

カーリングカップ準々決勝として行われた試合用プログラムには、アレックス・ファーガソン監督が記した、スピード氏、そして残された遺族に向けたメッセージが込められていた。

「何よりも先に、ここオールド・トラッフォードにいる誰もが、27日(日)に42歳の若さで他界したガリー・スピードの早過ぎる死にショックを受けたことを記しておきたい」

「真のプロフェッショナルとして現役を全うした後、ウェールズ代表監督に就任してからというもの、彼は、われわれ指導者の仲間になった。ご遺族に対しては、心からお悔やみを申し上げたい」

【関連記事】
ユナイテッド 1-2 クリスタル・パレス