登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「重要な試合の前になると、この試合がキャリア最後の試合、もしくはチャンスという雰囲気になるように話をするんだ。自分の全てを出せ。それで良い結果が得られるんだから良いじゃないかとね」

― ディミタール・ベルバトフ
11/11/2011  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 2 次へ » 

ベルバ「監督は本当に親身」

ディミタール・ベルバトフは、アレックス・ファーガソン監督を世界で最も優秀で、選手をやる気にさせる監督の 1 人として認識している。

今シーズンはチームセレクションの関係で出場する機会が減少しているベルバトフだが、ブルガリア出身ストライカーは、監督は自信を持って毎試合選手をピッチに送り出しているとしている。

「人によるね。中にはプッシュされる選手もいるし、中には監督と個人的に話が必要な選手もいる。僕の場合で言えば、監督は必ず僕に試合でも練習でも、どういう役割を求めているか話してくれる。それで出場のチャンスをもらえるかは自分次第ということ」

「チームメートのことはわからないけれど、常に監督が気にかけてくれているのは良いこと。僕にとっては、監督は自分のモチベーションを高める方法を知っている人だし、ピッチ外での問題についても色々と相談出来る人」

「重要な試合の前になると、この試合がキャリア最後の試合、もしくはチャンスという雰囲気になるように話をするんだ。自分の全てを出せ。それで良い結果が得られるんだから良いじゃないかとね」

ベルバトフの見立てでは、監督は選手の交換を頻繁に行うものの、より大きな目標を見据えているという。

「出場している、していないに関わらず、監督は本当に親身になって接してくれる。たとえ負傷欠場の場合でも、常に勇気付けてくれるんだ。まるで自分が特別な選手であるように思えるし、チームにとって必要だと思わせてくれる」

「それが練習場であっても、昼食の時であってもね。自分もチームの一員という感じで、周りの連中に冗談を言っているよ」

ページ 1 / 2 次へ »