登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

14/05/2011  Report by Nick Coppack
ページ 1 / 2 次へ » 

ユナイテッドがリーグ制覇!!

2010-11 シーズンのプレミアリーグは、ユナイテッドがリーグ新記録となる通算 19 度目となる優勝を飾った。

ユナイテッドは14日のブラックバーン戦で引き分け以上の結果を残し、アレックス・ファーガソン監督が指揮を執って以降12度目となる優勝を確定させた。チームキャプテンのネマニャ・ヴィディッチは、来週行われるブラックプールとの最終戦終了後、オールド・トラッフォードで優勝トロフィーを高々と掲げることになる。

シーズン開幕から混戦模様となった今シーズンだったが、紆余曲折を経てユナイテッドが栄冠を勝ち取った。8日のチェルシー戦に勝利したことで、ほぼ優勝を決めたチームだが、今シーズンのホームゲームの戦績が最大の要因となっただろう。

ホームでの17試合で16勝1分と、最終戦を前に無敗を維持していることも重要なファクターだが、特筆すべきは僅かに失点を10に抑えている点で、そのいずれも後半に許していることから、守備が安定していることがうかがえる。

アウェーゲームではシーズン序盤に失態を演じたものの、2月のウォルヴァーハンプトン戦まではリーグ戦で無敗をキープ。その後チェルシー、リヴァプール、アーセナルに敗れたが、クリスマス以降は、勝てる試合を引き分けとしていた悪い流れを断ち切ることに成功した(2010年内のアウェーゲーム7試合中6試合でドロー)。

こうして振り返ってみると苦しいシーズンではあったが、最終的にユナイテッドが再びプレミアリーグを制した。

ページ 1 / 2 次へ »