登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

17/05/2011  Report by Gemma Thompson
ページ 1 / 3 次へ » 

ファーガソン監督の歴史パート1

1992-93
ストーリー:前年のシーズン惜しくも優勝を逃したが、エリック・カントナの加入により、リーグトップの地位にまで登り詰めた。
得点王:マーク・ヒューズ(リーグ戦で15点)
ターニングポイント:1993年4月10日、スティーブ・ブルースがシェフィールド戦のアディショナルタイムに2点を加えて勝利したことで、ファーガソン監督にとって初となるタイトル奪取に大きく近付いた。
優勝の瞬間:1993年5月2日、最大のライバルだったアストン・ヴィラがオールドハムに1-0で敗れたことで優勝が確定。その時、監督はゴルフをしていた。
監督コメント:「選手達はシーズンを通して自分達の力を信じて止まなかった。特に重要な試合では、ピッチ上で実力を証明した」

1993-94
ストーリー:サー・マット・バスビーが他界。ユナイテッドは連続優勝だけではなく、国内2冠を達成した。
得点王:エリック・カントナ(リーグ戦で18点)
ターニングポイント:1994年4月23日、5試合の出場停止処分が空けたカントナの活躍で、優勝争いにとって重要なシティーとのダービーを制した。
優勝の瞬間:1994年5月1日、ブラックバーンがコヴェントリーに敗れ、ユナイテッドもイプスウィッチに勝利したことで優勝が決まった。
監督コメント:「2冠達成はサー・マットに対しての恩返しみたいなもの。われわれはシーズンを通して、彼に認めてもらえるだけのプレーが出来た」

1995-96
ストーリー:カントナに鼓舞された若手中心のチームは、またしても2冠を達成。その実力を世間に証明した。
得点王
:エリック・カントナ(リーグ戦で14点)
ターニングポイント:1996年3月4日、首位を独走するニューカッスルとの直接対決を制し、勝ち点差12を一桁に縮め、優勝のきっかけを作った。
優勝の瞬間:1996年5月5日、リーグ戦最終戦でミドルズブラに3-0で勝利し、4年で3度目となる優勝を決めた。
監督コメント

ページ 1 / 3 次へ »