登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「俺だけでは何も出来ない。全てはチームのため。1人では何も勝ち取ることは出来ない。もちろん、時には個人技で何かを起こすことだって可能。ただ、俺はチームの皆とトロフィーを勝ち取りたい。優勝という結果こそ、自分自身の価値をチーム内で高める方法だから」

― ナーニ
27/05/2011  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 2 次へ » 

ナーニ、先発争いにも冷静

週末のバルセロナ戦で先発出場を希望するナーニだが、チーム内での激しい争いを歓迎している。

ポルトガル人MFは今シーズンを通して成長を遂げ、チームが選ぶ最優秀選手賞を受賞。しかし、週末のバルセロナ戦ではベンチスタートとなる可能性もある等、現在のユナイテッドの選手層は厚く、アレックス・ファーガソン監督にとっては頭痛の種となっている。

ナーニはアントニオ・バレンシアと右ウィングのポジションを争っているとみられているが、監督の決断を尊重するとコメント。

「何もプレッシャーに感じることもないし、自分の実力も、チームのためにやってきたことへも自信がある。監督だってそれを理解してくれている。アントニオは最近になって先発として起用され始めて、俺は毎試合に出場してきた。最近は俺に休養が必要だったから、代わりに出番を与えられたけれどね。今はコンディションも良いし、あとは監督の決断に委ねている」

「チーム内で競争があるのは良いこと。それが成長に繋がるし、緊張感を持ってプレー出来る。試合に出たければベストな状態を見せないと」

キレのある動きで相手DFにとっては厄介な存在となれるナーニだが、仮にベンチスタートとなったとしても、バルセロナを相手に勝つには、チームプレーが優先となることを強調。

「俺だけでは何も出来ない。全てはチームのため。1人では何も勝ち取ることは出来ない」

「もちろん、時には個人技で何かを起こすことだって可能。ただ、俺はチームの皆とトロフィーを勝ち取りたい。優勝という結果こそ、自分自身の価値をチーム内で高める方法だから」

ページ 1 / 2 次へ »