登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「マイケル・オーウェンへの相手ディフェンスは明らかにファール。さっきビデオで見直したけれど、間違いなくPKをもらうべきだった」

― エドウィン・ファン・デル・サール
01/05/2011  Report by Adam Marshall

エドウィンが悔しさを露呈

エドウィン・ファン・デル・サールは、 0-1 で敗れたアーセナル戦後、 2 位チェルシーとの勝ち点を 3 以上に広げられなかったことへのフラストレーションを露にした。

ユナイテッドGKはエミレーツでの試合を簡単なものとは形容しなかったが、確実に勝ち点1を取ることは出来たと、悔しさをMUTVのインタビューではっきりと言葉にした。

「後半に選手交代をした20秒後にゴールを決められた。それでアプローチを少し変えざるを得ない状況になってしまった。何度か同点にするチャンスは作ったけれど、好機に決められなかった」

「もちろんチームは試合終盤だろうと同点に追いつこうと必死にプレーした。マイケル・オーウェンへの相手ディフェンスは明らかにファール。さっきビデオで見直したけれど、間違いなくPKをもらうべきだった」

「相手は強いチームでフットボールを十分に理解している。チームはカウンターを仕掛けるつもりだったけれど、上手くいかなかった」

「セーブ出来なかったことは屈辱でしかない。この結果が今後悪い方向に繋がらないことを祈っているよ」

【関連記事】
監督「不運だった」