登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

24/05/2011  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ » 

CL決勝へ向けた監督の悩み

アレックス・ファーガソン監督は豊富な陣容の中から28日のチャンピオンズリーグ決勝のメンバーを選考しなければいけないことに頭を悩ませている。

ウェンブリーでの大一番に向けてユナイテッドに負傷者は出ていないことは朗報だが、そんな恵まれた状態だからこそ、ファーガソン監督はメンバー選びで嬉しい悲鳴を上げているところだ。

「メンバーを選ぶのは簡単ではない。全ての選手にチャンスを与えたいというのが正直な気持ちだからね」とユナイテッドの指揮官は述べた。

「選手達はシーズンを通じて本当に良くやってくれた。その結果、チャンピオンズリーグ決勝に辿り着けたのだ。できることなら全員にプレーさせてやりたいが、それは叶わない。先発メンバーおよび控えメンバーは慎重に選びたいと思う」

戦前の予想ではバルセロナ有利と見る向きが強い。しかしファーガソン監督は豊富な経験からユナイテッドがクラブ史上4度目の欧州制覇が可能であると見ている。

「バルセロナとは3度戦っている。その対戦で彼らは常に個人技で状況を打開してきた。今回の対戦ではリオネル・メッシをいかに封じるかがカギになる。メッシだけでなくバルセロナには良い選手が揃っているが、私たちもそれは同じだ」

「この試合は本当にスリリングな戦いになるだろう。私たちは試合を打開する方法を見つけられるはずだ。バルセロナの攻撃に耐える時間が増えるだろうが、選手達はその中で力を発揮してくれと思う。その準備は整っていると見ているよ」

ページ 1 / 2 次へ »