登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

16/03/2011  Report by Ben Hibbs

驚異的な回復力のナーニ

太ももに深い裂傷を負い、復帰まで時間がかかると思われていたナーニが、15日のマルセイユ戦で驚きの復活を遂げた。

6日のリヴァプール戦で、ジェイミー・キャラガーの激しいファウルを受けたナーニは太ももを負傷した。深刻な裂傷を負ったナーニについて、アレックス・ファーガソン監督も当初、19日のボルトン戦に出場できるかどうか危惧していた。

傷口が非常に深く、腫れもひどかったため、縫合処置も取ることが出来ないほどで、同時に感染の恐れも心配されており、そうなれば復帰まで時間がかかるだろうと予想されていた。しかし2-1で勝利したマルセイユ戦の後、ナーニは復帰に強い思いを持っていたことを明かした。

「こんなに早くピッチに戻ることが出来て嬉しいし、驚いてもいるよ」とナーニは語った。「僕だけじゃなく、チームドクターも舌を巻いていたよ! いつだってドクターの見立てよりも早く復帰したいと思っているんだ。でも今回は全てが本当に上手くいった。復帰できてハッピーだよ」

「準々決勝に進むことが出来て嬉しいよ。プレミアリーグでの戦いも熾烈を極めているし、チャンピオンズリーグも

ページ 1 / 2 次へ » 


驚異的な回復力

「こんなに早くピッチに戻ることが出来て嬉しいし、驚いてもいるよ」とナーニは語った。「僕だけじゃなく、チームドクターも舌を巻いていたよ! いつだってドクターの見立てよりも早く復帰したいと思っているんだ。でも今回は全てが本当に上手くいった。復帰できてハッピーだよ」

― ナーニ