登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

07/03/2011  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 2 次へ » 

追い込まれたユナイテッド

ユナイテッドにとっては異例の連敗という事態から 1 日が経ち、オールド・トラッフォードを本拠地とする選手達は、今頃相当フラストレーションを溜め込んでいることだろう。スタンフォード・ブリッジ、アンフィールドで続けて負けたままでいるわけにはいかない。再び勝利の流れに乗ることこそが何よりも重要なことなのだ。  

プレミアリーグの次戦(ボルトン戦)まで2週間と時間があるが、ユナイテッドはFAカップ準々決勝のアーセナル戦、そしてチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦のマルセイユ戦と、2試合続けてホームゲームが続く。一旦崩れたリズムを取り戻すには絶好の機会となるだけに、勝利が求められる。

ユナイテッドの中でもベテランに入るリオ・ファーディナンドは、誰よりも敗戦後の試合で結果を残すことの重要性を理解している。現在は負傷のためチームに貢献出来ないが、彼が『Inside United誌』の取材に語った気構えこそ、今のユナイテッドがもう1度取り戻す必要があるものではないだろうか。

「ウルヴズ(ウォルヴァーハンプトンの愛称)に負けた後のシティー(マンチェスター・シティーの愛称)戦のパフォーマンスには凄く満足した。負けた次の試合というのは絶対に勝たないといけないんだ。相手がどのチームとか、どうやって勝ち点を記録するとかは問題ではない。ユナイテッドで9年目だけれど、チームが連敗を記録したことなんて非常に珍しいことだと思う」

「とにかく僕は負けることが大嫌い。ビデオゲームで負けるのも嫌なんだ。こういう気持ちがなくなったら、きっとその時が引退するタイミングなんだと思うよ」

ページ 1 / 2 次へ »