登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

今月は地の利を活かせるオールド・トラッフォードで3連戦を行なう。

12日:アーセナル戦(FAカップ)

15日:マルセイユ戦(チャンピオンズリーグ)

19日:ボルトン戦(プレミアリーグ)
06/03/2011  Report by Adam Bostock

ホーム3連戦での巻き返しに期待

元ユナイテッドに所属していたルー・マカーリは、1日のチェルシー戦、6日のリヴァプール戦で連敗を喫した古巣について、「何の心配もしていない」と MUTV の取材に答えた。

マカーリは、ここ3試合で1勝2敗とし、勝ち点6を取り損ねた状態にも関わらず、「強豪チームとアウェーで連戦というのはタフだ。今回の結果のように、どのチームでも混乱するさ」と、アウェーゲームが敗因の1つであったと語っている。

「これまでなら、アンフィールド(リヴァプールのホーム)でもユナイテッドが勝てる雰囲気は常にあった。でも、今回は主力のCB2人が欠場したわけだし、普段とは状況が違っていた。それにリヴァプールも、ケニー・ダルグリッシュが監督になってからプレーの質が上がっている」

マカーリは過去を振り返るよりも目の前にある試合に集中することの重要性を説き、まだまだユナイテッドに優勝の可能性が十分にあることを力説した。

「負けた2試合のことは忘れて、今は19日のボルトン戦に集中すべきだ。まだまだアウェーゲームはあるし、2位アーセナルとのアウェーゲームを除けば、そこまで厳しい相手はいない」

【関連記事】

監督がチチャリートを絶賛

カントナが古巣の優勝を断言