登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

21/03/2011  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ » 

監督、代表戦による中断期間を歓迎

代表戦による中断期間はリーグ戦に影響を及ぼすこともあるが、アレックス・ファーガソン監督は今回の小休止を歓迎している。

故障者が相次ぐユナイテッドは、急造守備陣で19日のボルトン戦に臨み、見事に勝利を収めた。しかし、この試合ではさらなる駒不足の窮地に陥り、ジョニー・エヴァンスが退場処分、ウェズ・ブラウンもハーフタイムに負傷交代を余儀なくされた。

通常、代表戦には負傷者増加の危険性もつきまとうが、多くの選手が治療に専念できる今回の中断期間は、来月のリーグ戦再開に向けてチームを立て直すチャンスとなる。

アレックス・ファーガソン監督も「最高のタイミングで中断期間に入った」と語った。「この2週間を治療に充てられるのは大きい。実り多き中断期間になることを願っているよ」

ユナイテッドは後続に勝ち点5差の首位で中断期間を迎えており、ファーガソン監督は駒不足を解消することが優勝への鍵になると考えている。

「2位とは大きな差がついている」とファーガソン監督は続けた。「確かにアーセナルは消化試合数が一つ少ないが、勝ち点で上回っているので心配する必要はない。主力選手が戻ってくれば、このまま優勝できると信じている」

ページ 1 / 2 次へ »