登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「確実にこれまでとは違うことをするわけだけれど、選手の成長を手助けしたい。指導者になってからこれまでにやってきたことは満足しているよ。出来ることなら、指導者としても成功したい」

― ポール・スコールズ
20/06/2011  Report by Steve Bartram

スコールズのコーチとしての才は?

先日現役を引退したばかりのポール・スコールズは、今後指導者という新たなキャリアを送ることになるが、現役時代と同様に成功を収めたいと意気込みを語った。

キャリア17年で培ったノウハウは、アレックス・ファーガソン監督にとっても非常に心強い存在になるに違いない。そして長年チームの中盤を支えてきたMFも、新たな役割を楽しみにしているという。

「監督が具体的に私に何を要求してくるかはわからない。まだ大したことはやっていないけれど、選手達の成長に役立てれば良い」

「確実にこれまでとは違うことをするわけだけれど、選手の成長を手助けしたい。指導者になってからこれまでにやってきたことは満足しているよ。」

「出来ることなら、指導者としても成功したい。まだ指導者としての才能がどれほどのものか、自分でもわかっていないからね。なるようになるだろうし、仕事を進めていく中で自信が芽生えれば、その流れに従うだけさ」

「現役の間は、自分が引退することなんて想像も出来ない。私もここ半年くらいで色々なことを考えた。結論として、指導者の道に進むことも有りだと思った」

「ひょっとしたら、今後は指導者としての道とは違う方向に進むかもしれない。もし思うような結果が残せなかったり、指導者としての能力の無さに気が付いたら、続けることはないだろうね。実際に仕事が本格的にスタートして、2、3週間くらいで、続けていけるかどうかの答えが出せると思う」

【関連記事】
スコールズ、引退について語る