登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

29/06/2011  Report by Adam Marshall

マケーダ「苦い経験から学んだ」

フェデリコ・マケーダは、昨シーズン途中から母国イタリアのサンプドリアへのレンタル移籍を決断。実りのある経験になると思ったからこその決断だったが、本人が思っていたよりも苦しい体験になったという。

意気揚々とイタリアに凱旋したマケーダだったが、試合出場の機会は僅かに与えられただけで、チームはセリエAから降格した。

「イタリアで良い経験を積みたかったんだ」と、Sky Sportのインタビューに答えたマケーダは、「でも今の気持ちとしては、プレミアリーグにとどまりたい」と続けた。

「若い選手にとっては、イングランドはプレーするには良い環境。精神的にも、ユナイテッドから降格争いをしていたサンプドリアに移籍したことは、良いものではなかった」

ユナイテッドリザーブチームのウォーレン・ジョイス監督は、苦しい体験の中からも、ポジティブな面を生かすことが、マケーダにとっては重要と力説。

「悪い経験であっても、学ぶことはある。フェデリコの場合、今回の経験を大分掘り下げる必要はあるだろうがね」

ページ 1 / 2 次へ » 


「イタリアで良い経験を積みたかったんだ」

「若い選手にとっては、イングランドはプレーするには良い環境。精神的にも、ユナイテッドから降格争いをしていたサンプドリアに移籍したことは、良いものではなかった」

― フェデリコ・マケーダ