登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「ファーディナンドとヴィディッチが、現在ユナイテッドのファーストチョイスだと思うが、フィルとクリスなら、ベンチから彼等を支える存在になれるだろう」

― デニス・アーウィン
27/06/2011  Report by Gemma Thompson
ページ 1 / 2 次へ » 

新DFデュオにアーウィンも興奮

元ユナイテッド DF で、トレブル( 3 冠)達成に貢献したデニス・アーウィンは、新加入のフィル・ジョーンズとクリス・スモーリングのコンビネーションを絶賛。近い将来、チームの CB を任されるだろうとみている。

新時代のユナイテッドの守備を担うであろう2人は、U-21欧州選手権でもイングランド代表チームでコンビネーションを進化させたが、アーウィンは、チームに戻っても、息の合った連携に陰りは見えないとしている。

「(リオ)ファーディナンドと(ネマニャ)ヴィディッチが、現在ユナイテッドのファーストチョイスだと思うが、フィルとクリスなら、ベンチから彼等を支える存在になれるだろう」

「フィルがU-21代表でプレーしたところを見たが、間違いなくトップ選手の1人だ。ユナイテッドのような大きなチームに移籍したことで、必ず成長する」

「クリスも移籍1年目にして素晴らしいシーズンを送った。おそらく、彼が思っていた以上に試合出場の機会を与えられたと思うし、重要な試合でも期待を裏切らなかった」

「(スモーリングは)高さがあるだけではなく、CBとしての足元の技術にも優れている。彼とフィルは、体格だけにではなく、才能にも恵まれている」

両者は、7月か始まるアメリカ遠征で、コンビネーションの質を高める十分な時間を与えられるだろうとみられている。
また、同じく移籍組であるアシュリー・ヤングにとっても、遠征は重要なものになると、アーウィンは語っている。

ページ 1 / 2 次へ »