登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

アメリカ遠征 2011

7月13日:ニュー・イングランド・レヴォリューション戦
7月20日:シアトル・サンダーズ戦
7月23日:シカゴ・ファイア戦
7月27日:MLS選抜戦
7月30日:バルセロナ戦
22/06/2011  Report by Nick Coppack
ページ 1 / 2 次へ » 

アンデルスのアメリカンドリーム

今年 1 月にユナイテッドに移籍したアンデルス・リンデゴーアが、アメリカ遠征に参加する意気込みを語った。

ユナイテッドは7月11日にアメリカに向け出発。その後3週間に渡り、ボストン、シアトル、シカゴ、ワシントンD.C.で試合を行う予定となっている。

アメリカに思い入れがあるというリンデゴーアは、MUTVの取材に答え、「以前もニューヨークには行ったことがあったけれど、最高の街だった。レストランが20,000件以上もあると聞くだけで興奮したよ」とコメント。

観光気分に浸っているリンデゴーアだが、それよりもシーズン開幕前のトレーニング、そして試合で結果を残すことこそ、正GKの座を獲得するのに重要なことは理解している。

「エドウィン(ファン・デルサール)が引退したわけだし、これからはGKの争いが始まる。そのためにも良いプレーをしてアピールしないとね」

「これまでもフロリダでトレーニングしたことはあったけれど、観客で埋め尽くされたスタジアムで試合をした経験は無かったから、良い経験になるだろうね」

「それに今回の遠征は、チームのプロモーションという意味でも大事。アメリカは大きなマーケットだからね。ビジネス的な側面を経験出来ることも、凄く楽しみにしているんだ」

オーレスン(ノルウェー)からビッグクラブに移籍してきたリンデゴーアだが、マンチェスターでの生活もエンジョイしているようだ。

ページ 1 / 2 次へ »