登録
ようこそ 
登録情報を変更する




サッカーニュース

シアトル・サンダーズ 0
ユナイテッド 7
オーウェン(15分)、ディウフ(59分)、ルーニー(61、69、72分)、パク(71分)、オベルタン(88分)

フレンドリーマッチ 2011年7月20日(水)
センチュリーリンク・フィールド 観衆6万7052人
21 July 2011  Report by Nick Coppack

サンダーズ 0-7 ユナイテッド

アメリカ遠征第 2 戦となったシアトル・サンダーズ戦は、前半序盤まではサンダーズも対等にプレーしてが、マイケル・オーウェンのゴールからユナイテッドがリズムを掴み、終わってみれば、ウェイン・ルーニーのハットトリックを含む 7-0 で快勝した。

アメリカでもサッカー人気が高い街として知られるシアトルのファンが、ユナイテッド、そして地元のサンダーズを心から歓迎。

アレックス・ファーガソン監督は、GKにアンデルス・リンデゴーア、DFにラファエウ・ダ・シウヴァ、リオ・ファーディナンド、ネマニャ・ヴィディッチ、パトリス・エヴラ、MFにナーニ、アンデルソン、ライアン・ギグス、アシュリー・ヤング、そしてFWにオーウェンとフェデリコ・マケーダを先発に起用した。

オーウェンは43分にもシュートを放ったが、これは相手GKの足に当たりゴールにはならず。

後半開始後、監督はベン・アモス、マメ・ビラム・ディウフ、パク・チソン、ルーニーを投入。

59分にディウフが追加点を記録した直後だった。右サイドから駆け上がったナーニからのクロスをルーニーが押し込んで3-0(61分)。すると69分にはボールを持ってコントロールし、左足を振り抜き2点目。更にその3分後、パクのゴールに続きまたもルーニーがゴール。11分の間に3点を記録し、試合を決定づけた。

ユナイテッドは、サンダーズの猛攻を凌ぎつつ、88分には、ルーニーの3点目をアシストしたガブリエル・オベルタンが7点目となる追加点を決め、相手に何もさせず完勝した。

GKのダビド・デ・ヘア、DFのクリス・スモーリング、フィル・ジョーンズ、MFのトム・クレヴァリー、ダニー・ウェルベックは出場しなかった。

ユナイテッド:リンデゴーア(46分にアモスと交代)、ラファエウ、ファーディナンド、ヴィディッチ(56分にジョニー・エヴァンスと交代)、エヴラ(56分にファビオと交代)、ナーニ(56分にオベルタンと交代)、アンデルソン、ギグス(46分にパクと交代)、ヤング(65分にマイケル・キャリックと交代)、オーウェン(46分にディウフと交代)、マケーダ(46分にルーニーと交代)

【関連記事】
NER 1-4 ユナイテッド