登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「昨年フルアムから移籍後、すぐにチームに順応した。非常に才能のある選手で、動きも俊敏で肉体も強い。それに試合展開を読む能力にも優れている。チームにとっては貴重な存在だ」

― アレックス・ファーガソン監督
08/07/2011  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 2 次へ » 

スモーリングが契約延長にサイン

移籍 1 年目にしてファーストチームに定着したクリス・スモーリング( DF )が、ユナイテッドと 5 年の契約延長を勝ち取った。

フルアムから移籍後、すぐにリオ・ファーディナンド、ネマニャ・ヴィディッチの控えとして活躍。昨シーズンの最終戦(ブラックプール)では、右SBとして起用される等、U-21イングランド代表は、来シーズンも更なる飛躍が期待される。

アレックス・ファーガソン監督からの評価も高く、ボスはスモーリングが2015-16シーズンまでオールド・トラッフォードに残ることに一安心しているようだ。

「クリスがチームとの契約を延長してくれて嬉しい」と、監督はManUtd.comの取材にコメント。
「昨年フルアムから移籍後、すぐにチームに順応した。非常に才能のある選手で、動きも俊敏で肉体も強い。それに試合展開を読む能力にも優れている。チームにとっては貴重な存在だ」と語った。

スモーリングも、「このような偉大なチームで、移籍1年目から自分が想像していた以上の結果を残すことが出来て嬉しい」と、素直に喜んだ。

「今後も、出来るだけ長くユナイテッドでプレーしたいと思っている」

昨シーズンのスモーリングは、34試合に出場し、1得点をマーク。21歳のDFは、今年のアメリカ遠征に帯同する予定となっている。

シーズンオフには、U-21イングランド代表として、欧州選手権に出場。大会オールスターチームに選出された。

ページ 1 / 2 次へ »