登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

29/07/2011  Report by Nick Coppack
ページ 1 / 2 次へ » 

チチャ数週間の休養へ

現地時間 27 日(水)に行われたメジャーリーグサッカー( MLS )選抜との試合後、アレックス・ファーガソン監督は、前日の練習に脳震盪を起こしたハビエル・エルナンデスについて、今後、数週間の休養を与えると明言した。

ワシントンD.C.に到着後、監督は、今回の脳震盪と、2005年にエルナンデスが経験した偏頭痛と何らかの関係性があるかについて聞かれたが、「(2005年のことについては)わからない。彼は火曜日(26日)の練習中、頭部にボールが当たって、ホテルで夕食を摂っていた際に体調不良を訴えた。それで大事を取って病院に連れて行き、MRI検査等を受けさせた。幸いにも問題無いことがわかり、翌日には退院して、チームと共に移動出来たというわけだ」と答えた。

23歳のチチャリート(エルナンデスの愛称)は、前日のチーム練習中、チームメートの放ったシュートが顔面にヒットし、脳震盪を起こした。幸いにも無事だったが、チームは大事を取って病院に搬送し、一晩入院させた。

4-0で快勝した試合には出場せず、ホテルで試合を観戦したチチャリートは、今後もチームに帯同するが、試合には出場しない予定。

監督は、「(チチャは)バルセロナとの試合(現地30日)には出場しない。前日の練習で脳震盪を起こしているし、今後数週間は休養を与える。病院でCTスキャンを行ったが、幸いにも異常は見られなかった」と、試合後にコメントした。

ページ 1 / 2 次へ »