登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

12/01/2011  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 2 次へ » 

悲願のFAカップ制覇に決意あらた

ここ最近FAカップの栄光から遠ざかっているユナイテッドは、5月に行われる頂上決戦の地、ウェンブリー・スタジアムに何としても辿り着きたいと切望している。2004年の優勝以降、準決勝と決勝に駒を進めながらも3度涙をのんだユナイテッドは、今年こそ悲願達成を目指す。

1-0でリヴァプールを下し、2011年を幸先良くスタートさせたユナイテッドは、サウサンプトンとの4回戦に向けて闘志を燃やしている。現在ユナイテッドでFAカップ優勝を経験しているのは、ライアン・ギグス(4回)、ガリー・ネヴィルとポール・スコールズ(3回)、ウェズ・ブラウン(2回)、ダレン・フレッチャーとジョン・オシェイ(1回)、そしてマイケル・オーウェン(リヴァプール時代に1回)の7選手のみだ。

2004年にミルウォールを下して頂点に輝いてからは、ユナイテッドは不運に泣かされてきた。2005年の決勝ではアーセナルを圧倒しながらもPK戦にもつれこみ敗北。2007年のチェルシーとの頂上争いでは終了間際の失点により優勝を逃している。

2008年には6回戦でポーツマスに敗れ、2009年にはPK戦により準決勝で散った。昨年にもリーズの前に夢は絶たれた。

「FAカップ優勝は僕たちの悲願といっていい」と、リヴァプールとの3回戦で無失点勝利に大きく貢献したジョニー・エヴァンスは語った。「FAカップは素晴らしい大会だ。ユナイテッドは2004年以来優勝カップを手にしていないから、今年こそ頂点に立ちたいと思っている」

ページ 1 / 2 次へ »