登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

05/01/2011  Report by Adam Bostock
ページ 1 / 2 次へ » 

首位堅持に満足する指揮官

アレックス・ファーガソン監督は、4日にストークを2-1で下したあと、ユナイテッドはプレミアリーグで首位に立つのにふさわしいチームだと主張した。

「枠内シュート、パスなどのデータを見れば、(ユナイテッドが首位に立っているのは)当然だ。とくに我々はホームで素晴らしい成績を残している」とファーガソン監督はMUTVに語った。

「アウェーでひどい試合をしたのは2試合しかない。(10月の)サンダーランド戦と1日のWBA戦だ。(12月28日の)バーミンガム戦は接戦だったが、勝っていてもおかしくない試合だった」

「それ以外はアウェーでも良いパフォーマンスを残していると思う。もちろん勝ち切れなかった試合はあるが、だからと言って内容が悪かったわけではない」

ストーク戦でゴールを決めたハビエル・エルナンデスとナーニについては次のように述べた。

「FW陣には常にゴール前に飛び込んでくるように言っているが、今晩のチチャリート(エルナンデスの愛称)はまさにそのようなプレーでゴールを奪ってくれた」

「後半が始まってすぐにストークに1-1の同点に追いつかれたときは、少し心配になったが、ナーニの見事なシュートで再びリードを奪った。ナーニは常に脅威を与えていたので、そのうちゴールネットを揺らすだろうと思っていたよ」

ページ 1 / 2 次へ »