登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

28/01/2011  Report by Ben Hibbs

エドウィン「最高のときに辞めたい」

ユナイテッドでの 5 年間を含む 20 年にも及ぶ選手生活にピリオドを打つことを決意したエドウィン・ファン・デル・サールが、その胸中を明かした。

40歳のオランダ人GKは、1990-91シーズンにアヤックスでデビュー。その後ユヴェントスやフルアムでプレーした後、2005年にユナイテッドに加入した。

27日に放送されたMUTVの独占インタビューの中で、ファン・デル・サールはその決断の裏に隠された苦悩について語った。

「長年プレーしてきて、決断を下さなければならないときがきたんだ」

「いろいろなことを考えたよ。まだ現役を続けたい気持ちがあるかどうかや、家族のこと、自分自身のこと。ユナイテッドでプレーするために必要な最高のレベルを保つことができるかどうか。自分自身と相談する必要があった。今は自分のコンディションやプレー、試合結果にとても満足している。まだ最高の状態にいるうちにピッチを去りたいと思ったんだ」

ページ 1 / 2 次へ » 


ファン・デル・サールが引退へ

「今は自分のコンディションやプレー、試合結果にとても満足している。まだ最高の状態にいるうちにピッチを去りたいと思ったんだ。40代になると昔のようにはいかない。スーパーマンじゃないからね」

― エドウィン・ファン・デル・サール