登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「前半はチームとしていいプレーができなかったけど、選手たちの能力を考えれば、3点を奪うことは可能だとわかっていた」

─ ハビエル・エルナンデス

26/01/2011  Report by Gemma Thompson
ページ 1 / 2 次へ » 

チチャリート「逆転を信じていた」

チチャリート(ハビエル・エルナンデスの愛称)が、25日のブラックプール戦では0-2とリードされても、ユナイテッド選手たちは勝利を疑っていなかったと話した。

ユナイテッドは前半のうちに0-2とされたが、後半残り18分から、ディミタール・ベルバトフ(2得点)とチチャリートがゴールを決めて、3-2の逆転勝利を手にした。

「逆転できると信じていたよ」とメキシコ代表FWはMUTVにコメント。

「前半はチームとしていいプレーができなかったけど、選手たちの能力を考えれば、3点を奪うことは可能だとわかっていた」

「(ハーフタイムには、アレックス・ファーガソン)監督から、自分たちらしいサッカーをする必要があると言われたんだ。後半はそれができるようになり、3点以上奪っていてもおかしくなかった。勝ち点3を獲得できたことが一番大事だ」

首位ユナイテッドはこれで2位アーセナルとの勝ち点差を5に広げたが、チチャリートは「とても重要な勝利だった。勝ち点3は確保しておきたかったからね」と続けた。

「決勝点を奪ったときは、ファンと一緒に喜びを分かち合えて嬉しかったよ。0-2からの逆転勝利は気分が良いし、みんなハッピーに思っているよ」

※次節以降の試合予定と最新の順位表はこちら

※あなたが選ぶマン・オブ・ザ・マッチは? 早速、投票しよう

ページ 1 / 2 次へ »