登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

20/01/2011  Report by Mark Froggatt
ページ 1 / 2 次へ » 

キャリック「慢心してはいけない」

現在リーグ首位に立っているユナイテッドだが、マイケル・キャリックはタイトル争いをしているライバルへの警戒を緩めてはいけないと語った。

22日にアウェーのバーミンガム戦を控えているユナイテッドは、その3日後には悪天候で延期となっていたブラックプール戦を戦う予定になっており、2位のマンチェスター・シティーとの差を一気に開くチャンスとも言える。しかしキャリックは冷静にこう語る。「勝ち点3を簡単に取れるなどと考えるのは危険だ」

「手にしてもいない勝ち点を勘定に入れることなど出来ないからね。敵地に赴き、しっかりと勝利して初めてその勝ち点を加算することが出来る。順位表の一番上にいるという事実は確かに自信になる。けど決して慢心してはいけない。地に足を着けて冷静に戦い、前に進んでいかなければね」

キャリックはチームがリーグ戦21試合を無敗で突き進んでいる一方で、今シーズンまだベストの状態に到達していないことも認める。しかし3度優勝を経験しているMFは、このまま首位をキープしていけば何も問題はないと考えている。

「シーズンを首位で終えれば、調子の良くない時もあったけど、優勝したことが全てだと振り返ることができる。とにかく栄冠に向けて突き進むのみだよ。ここ数年間、僕たちは良い成績を残しているんだから」

「もちろん全ての選手が最高のパフォーマンスを見せたいと思っている。毎試合苦しいゲームをして個人の奇跡的な一発で勝利するなんてごめんだからね。とはいえ、シーズン最後にリーグトップの位置にどのクラブが立っているのかが全て

ページ 1 / 2 次へ »