登録
ようこそ 
登録情報を変更する




サッカーニュース

25 January 2011  Report by Ben Hibbs

ブラックプール 2-3 ユナイテッド

ユナイテッドは25日のアウェーのブラックプール戦で2点のリードを奪われたものの、後半に3点を挙げ、3-2の逆転勝利を収めた。

※写真をクリックして、ブラックプール戦のギャラリーをチェック!

ブラックプールはクレイグ・キャスケートとD・J・キャンベルのゴールにより、前半終了までに2-0のリードを奪ったが、ユナイテッドは後半の18分間に3点をマークして見事な逆転勝利を手にし、首位の座を堅持した。

アレックス・ファーガソン監督率いるチームは72分、ディミタール・ベルバトフが1点を返すと、そのわずか2分後には交代出場のハビエル・エルナンデスが同点弾を決め、88分には再びベルバトフがゴールネットを揺らした。

ユナイテッドはナーニ、ベルバトフ、ウェイン・ルーニーが3トップを張って、攻撃的布陣を敷いた。中盤ではポール・スコールズが復帰し、ダレン・フレッチャーとダロン・ギブソンが先発。DF 陣ではラファエウが1試合の出場停止処分から戻り、CBにはバーミンガム戦に続いてクリス・スモーリングがネマニャ・ヴィディッチとコンビを組んだ。

試合は序盤からユナイテッドが支配し、スコールズが中盤を巧みに操った。しかしブラックプールもチャーリー・アダムを中心に反撃。そして15分、アダムのCKに元ユナイテッドのキャスケートが合わせて先制した。

その後もユナイテッドはスペースを見つけて試合の主導権を握ったが、ブラックプールの堅守を崩せない。ファーガソン監督はシステムを4-3-3から4-2-2に変更したものの、ラファエウのヘディングはGKに難なくキャッチされるなど得点には至らない。

するとブラックプールは前半終了直前、またしてもCKから今度はキャンベルが頭で押し込んで、リードを広げることに成功した。

後半からはライアン・ギグスが入ったが、ユナイテッドの攻撃陣をけん引したのはもう1人のベテランのスコールズで、自らシュートを放ちブラックプールのゴールを脅かした。するとユナイテッドは72分、フレッチャーのクロスからベルバトフが至近距離からシュートを決めて1点を返した。

さらに74分には、ギグスのスルーパスからエルナンデスが同点ゴールを奪取。勢いに乗ったチームは終了2分前、ついに逆転ゴールを奪う。ベルバトフがスコールズのパスに抜け出すと、落ち着いてゴールを決めた。

※次節以降の試合予定と最新の順位表はこちら

※あなたが選ぶマン・オブ・ザ・マッチは? 早速、投票しよう

【関連記事】
監督「あきらめていなかった」
ベルバ、チームスピリットを称賛