登録
ようこそ 
登録情報を変更する




サッカーニュース

19 February 2011  Report by Ben Hibbs

ユナイテッド 1-0 クローリー

ユナイテッドは19日に行われたFAカップ5回戦で、ウェズ・ブラウンのゴールにより、クローリー・タウンを1-0下した。

アレックス・ファーガソン監督は、シティー戦のメンバーから9人を入れ替え、FWジョシュア・キング(19)、MFのライアン・タニクリフ(18)とポール・ポグバ(17)という10代の3選手をベンチ入りさせた。

ユナイテッドの最初のチャンスはガブリエル・オベルタンが作り出し、ゴール前にクロスを上げたが、誰も合わせられなかった。一方、その11分後には、クローリーのベン・スミスがシュートを放つも、枠を外れた。

試合はユナイテッドが主導権を握るようになり、27分に先制点を挙げた。自ら蹴ったCKのこぼれ球を再びダロン・ギブソンが放り込むと、これにブラウンが頭で合わせて、ゴールネットを揺らした。ブラウンにとっては2008年10月以来、ユナイテッドで通算5点目となるゴールだった。

ユナイテッドはその5分後、マイケル・キャリックのパスに抜け出したファビオがゴールに迫る。だが、シュートは枠をとらえられず、リードを広げる好機を失った。

後半からはアンデルソンに代わって、ウェイン・ルーニーが入り、後半半ばにはラファエウに代えてクリス・スモーリングを投入。さらにファビオの故障により、ダレン・フレッチャーを起用。これにより10代の3選手の出場の可能性はなくなった。

しかしユナイテッドはなかなか攻撃の形を作れず、チャンスと言えば、ルーニーが打ったバーを越えたシュートとファビオが負傷前に放った一撃ぐらいだった。

一方のクローリーはただ守備に回るのではなく、積極的に攻撃にも出て、デイヴィッド・ハント、マット・タブスなどが惜しいシュートを放った。そして終了間際にはリチャード・ブロディーのループヘッドが決まったかに思われたが、バーに嫌われた。

ゲームは結局1-0で終了。ユナイテッドは5部リーグのクラブを相手に思わぬ苦戦を強いられたが、大事なのはとにかくベスト8への切符を手にすることだった。

※今後の試合予定はこちら
※あなたが選ぶマン・オブ・ザ・マッチは? 早速、投票しよう

【関連記事】

監督、クローリーの善戦を称賛

ブラウン「難しい試合だった」