登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「通常であれば、関心のある選手については調査もするし、バックグラウンドについても調べて報告させている。今は誰についても調査していないし、われわれの対象となる選手はいない」

― アレックス・ファーガソン監督
29/12/2011  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 2 次へ » 

監督が改めて1月の選手獲得を否定

アレックス・ファーガソン監督は、改めて 1 月の移籍市場で選手の獲得をする考えがないことを強調。ユナイテッドは負傷者が続出しているが、監督はプランに変更はないとしている。

MUTVのインタビューに応じた監督は、昨シーズンのFAユースカップ優勝経験者を含み、若手にも有望株が多いことから、思いつきで選手を獲得する気が無いと明言。

「(1月中に選手獲得に動かないというプランに)変更は無いと思う。われわれが長い間目をつけてきた選手が移籍可能な状態にいれば、もうとっくにビジネスの話をしているはずだからね」

「現時点でそうした選手はいないし、何の報告も聞いていない。このクラブは思いつきで選手を獲得するようなチームじゃないんだ」

「通常であれば、関心のある選手については調査もするし、バックグラウンドについても調べて報告させている。今は誰についても調査していないし、われわれの対象となる選手はいない」

監督は若手の成長を実感しつつ、経験不足な選手達に多くの委ねるのではなく、慎重に見守りたいとしている。

「経験を積んで、徐々に良い選手になってきている。ポール・ポグバは来年19歳になるし、エゼキエル・フライヤーズ、ラーネル・コール、ジェシー・リンガード、ラヴェル・モリソンも出場経験を積んでいるところだ」

「彼らは確かに若いが、ファーストチームでやれるだけの才能を持っている。特にホームゲームでは1、2選手を起用することも躊躇わないだろう。最近ではベンチにも登録して、試合の一部となることで経験を積ませている。それが私の考えだ」

ページ 1 / 2 次へ »