登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

02/01/2012  Report by Nick Coppack
ページ 1 / 2 次へ » 

リオの助言でキコが移籍を決断

QPR へのローン移籍が決まったフェデリコ・マケーダが、移籍を決意した決め手として、リオ・ファーディナンドのアドバイスがあったと明らかにした。

ファーディナンドの弟であるアントンは、昨年夏にQPRに移籍。今回移籍が決まったマケーダは今シーズン終了まで同チームでプレーすることとなったが、この経験が自分のキャリアにプラスに働くと助言してくれた存在として、ファーディナンドの名前を挙げている。

「リオと話をしたら、QPRは非常に良いクラブで、もし移籍したら選手として成長出来るとアドバイスしてくれた」

イタリア出身の若きストライカーは、新天地でのレギュラー獲得を目標に掲げているが、出場機会を与えられる保障は無い。

「自分を高めるために移籍を決めた。それにビッグゲームでプレーする機会を手にするためでもある。出場はしたいけれど、簡単ではないことくらいわかっている。ハードワークを実践して、ポジションを取るだけさ」

「ユナイテッドではポジション争いが熾烈。素晴らしいストライカーが大勢いるからね」

「でも僕には若さという武器がある。もっとプレミアリーグでの経験を積むためにも、今回の移籍はプラスに働くはずさ」

ページ 1 / 2 次へ »