登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

17/12/2011  Report by Gemma Thompson
ページ 1 / 2 次へ » 

ポグバとの契約延長に期待

アレックス・ファーガソン監督は、負傷者続出の中盤のキーマンになり得る存在として、若手のポール・ポグバを指名。そのポグバとチームが契約延長に合意することに期待していると付け加えた。

弱冠18歳のポグバは、昨シーズンのユースカップ優勝メンバーの1人で、今年の9月にカーリングカップの試合(リーズ)でファーストチームデビューを果たした。

ユナイテッドは、将来性のあるMFの代理人と交渉中としており、監督は、「出来れば残留してもらいたいが、もし彼がそれを望まないのであれば、こちらに出来ることはあまりない」とコメント。

「まだ1年半の契約を残しているわけで、現時点で焦る必要もないが、出来れば契約を満了する前にサインしてもらいたいという気持ちもある。彼がユナイテッドの選手として成長したいと思うのなら、どうすれば良いかわかっているはずだ」

監督は、今のポグバがいる場所こそ、自身の才能を更に開花させられる最適の場所と主張。チーム残留を強く訴えている。

「最終的には個人の決断になるだろうが、マット・バスビーは以前こんなことを言っていた。『ユナイテッドというクラブにいる以上、高額な年棒を追い求める必要はない。その選手自身が自分の能力を証明出来れば、希望に見合う金額を手に出来る。ユナイテッドのためにプレーすることで、大金を稼ぐことが出来るんだ』とね」

ページ 1 / 2 次へ »