登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

07/12/2011  Report by Adam Bostock
ページ 1 / 3 次へ » 

バーゼル戦へのフレッチの意気込み

チャンピオンズリーグのノックアウトステージ進出が懸かっているバーゼル戦を前に、ダレン・フレッチャーは 6 年前の苦い経験を若手選手達に伝えようとしている。

ちょうど6年前の水曜日、リオ・ファーディナンド、パク・チソン、ライアン・ギグス、そしてウェイン・ルーニーを含むユナイテッドは、ベンフィカとのアウェー戦で敗北。新年を目前にヨーロッパでの試合は最後となった。

「最後の試合で調子が出なかった。この経験から学んだ事を活かして2度と同じ事が起こらない様にしなくてはならない」と、2‐1で敗北したベンフィカ戦をベンチから観ていたフレッチャーは語った。

「あの日の失望を経験した選手は数人いるが、僕達はこの時の失敗を他の選手達に改めて伝えなくてはいけない」

グループステージファイナルとなるアウェー戦で勝利するか、最低でも引き分けなくてはならない状況となった原因は、オールド・トラッフォードで勝ち点を獲得出来なかった事にある。ユナイテッドは2005年にもリール、そしてビジャレアルとのホーム戦で0‐0と引き分け、今年2011年ではより多くのゴールを記録したものの、最終的にホームで獲得した勝ち点は、2005年の時と変わらない結果となった。

「チャンピオンズリーグでは、ホームゲームで勝利せずにノックアウトステージに進出する事は簡単じゃない」とフレッチャーは語った。

ページ 1 / 3 次へ »