登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

13/12/2011  Report by Adam Marshall

コール「タイミングがカギ」

元ユナイテッドのストライカー、アンディー・コールは、ユナイテッドはいつも通りシーズン後半に調子を上げてくると信じている。

1月を迎える時点でリーグトップに届く順位にいれば優勝の可能性は十分にある、とアレックス・ファーガソン監督は判断しており、元イングランド代表のコールもこれに同意を示している。

試合数の多くなるシーズンを前に、シティーはチェルシーに敗北しユナイテッドとの勝ち点差は2となった。ユナイテッドは現在リーグ2位につけているが、歴史は繰り返すとコールは考えており心配はしていない。

1995年にニューカッスルから移籍してきたコールは United Review のコラムの中で、「12月、そして1月はシーズンの中でもカギとなる時期だ。イースターの時期(3月、4月頃)も非常に重要だが、12月から1月に結果を出すことでその後に繋がる」と語っている。

「シーズン後半の重要な時期にトップフォームを維持する事がとても大切だ。1995‐1996シーズンに勝ち点差12をつけてリーグトップにいたニューカッスルとのアウェー戦でユナイテッドが勝利した。その後ユナイテッド

ページ 1 / 2 次へ » 


過去の結果

19試合後の順位 / シーズン終了時の順位

2006‐07 1位 / 1位
2007‐08 2位 / 1位
2008‐09 2位 / 1位
2009‐10 2位 / 2位
2010‐11 1位 / 1位