登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

12/12/2011  Report by Nick Coppack
ページ 1 / 2 次へ » 

監督、敵地でのQPR戦を懐かしむ

アレックス・ファーガソン監督は、アウェーでの QPR 戦を前に、監督就任から 10 年以内に経験した思い出を振り返っている。

ユナイテッドにとっても、ロフタス・ロード(QPRの本拠地)は慣れ親しんだ場所で、ファーガソン監督政権下のチームは、過去に11試合を戦い10勝1敗と好成績を記録。

しかし、1996年3月以降1度も足を運んでいないため、久々のスタジアムに監督も興奮を隠せないと、Inside Unitedのインタビューで答えた。

「ロフタス・ロードは本当に素晴らしい環境でね。昔はユナイテッドファンにも十分な座席数が与えられていた。今回は1つのゴール裏のエンドと、その周りだけだ」

「われわれのファンは、選手との距離が素晴らしく近いロフタス・ロードが大好きだと思う。これまでも本当に良い試合をしてきた場所だからね」

アウェーチームのユナイテッドファンに割り当てられたのはスクールエンドだけで、およそ3000席。それでも十分にチームの勝利をサポート出来るだけの大歓声を選手達に届けられるはずだ。
また監督は、ウォルヴァーハンプトン戦に4-1で勝利したにも関わらず、今回もメンバーチェンジを行うと明言している。

ページ 1 / 2 次へ »