登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/12/2011  Report by Mark Froggatt
ページ 1 / 2 次へ » 

監督が難所コテージでの勝利に笑み

過去数シーズン苦戦を強いられてきたクレイヴン・コテージ(フルアム本拠地)での快勝に、アレックス・ファーガソン監督は、「非常に満足している」と、試合後に語った。

ダニー・ウェルベックの先制ゴールに始まり、ナーニ、ライアン・ギグス、ウェイン・ルーニー、そして最後はディミタール・ベルバトフが決め、5-0で勝利したユナイテッド。

監督は、試合後MUTVの取材に対し、過去3シーズンでのフルアム戦(アウェー)で僅かに勝ち点1しか記録していなかったことを踏まえ、「この3年間でのアウェーでのフルアム戦の結果をみれば、われわれにとっていかに難しい場所かがわかるはずだ」とコメント。

「試合序盤は慎重にパスを回して様子を見たが、ダニー・ウェルベックのゴールからペースをコントロール出来るようになった」

「試合前にもメンバーチェンジを行う必要があったが、試合開始後にフィル・ジョーンズが負傷したことで、選手達にとってはより厳しい状況になったと言える」

前半終了までに3点のリードを奪ったユナイテッドだったが、後半からフルアムに猛攻を受け、失点していてもおかしくはなかった展開が続いた。

ページ 1 / 2 次へ »