登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「ウィガンとの試合では良い成績を残してきたが、それが当然とは考えていない。全力で勝利を狙う」

― アレックス・ファーガソン監督
24/12/2011  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 2 次へ » 

監督「全力で勝利を狙う」

アレックス・ファーガソン監督は、好調を維持したままボクシングデー( 26 日)のウィガン戦に臨むよう選手達に発破をかけた。

バークレイズプレミアリーグのチェルシー戦に続き、リヴァプール戦でも引き分けという結果で印象付けたウィガンは、ユナイテッドとの試合にも勝ち点を獲得する気で挑んでくるに違いない。

「先日ウィガン対チェルシーの試合を観た。ウィガンは素晴らしいチームだと思ったよ」とファーガソン監督はコメント。「ロベルト・マルティネス監督がいかに素晴らしいか分かる。リーグでの順位に関係なく、素晴らしいフットボールをしている。ウィガンとの試合では良い成績を残してきたが、それが当然とは考えていない。全力で勝利を狙う」

最近のチェルシーとの試合で、去年に比べると格段によいプレー見せたウィガンについて、ファーガソン監督は降格する事は無いだろうと考えている。

「ウィガンが降格の危機にあるチームだとは思わない」とファーガソン監督は主張。「ビッグチームを相手に良くやっている。去年DWスタジアムで行われたチェルシー戦では6‐0で惨敗しているが、今年は引き分けた。勝ってもおかしくない試合だった。ウィガンはプレミアリーグに残留すると思うよ」

ユナイテッド自身については、シティーとのダービーでの大敗、チャンピオンズリーグ、そしてカーリングカップからの敗退と続いたが、ファーガソン監督はその後のチームのリアクションには満足しているようだ。

「批判されるのは仕方ないだろう」と監督は続けた。「ダービーでは6‐1で大敗、カーリングカップで敗退しバーゼルにも敗北した。批判されるのも当然だろう」

ページ 1 / 2 次へ »